ポリフェノールとは!?効果や多く含まれる食品について

美容と健康を目指すなら、ポリフェノールをたくさん摂取しましょう

身体にいいと言われているポリフェノール

 

特に、女性は積極的に取りましょうと言われていますが、何が、どのように体にいいのか?
意外と分からないものですね。

 

現代社会は、たくさんのストレスにさらされています。
ストレスが体にかかると、活性酸素という物質が体内に作られます。
活性酸素は、イメージでいうと、「さび」のような感じです。

 

ポリフェノールは、強い抗酸化作用を持ち、老化の原因である活性酸「さび」を取り除いてくれます。
シミ、しわ、たるみなど、美容に関係のある老化現象や、ストレス、認知症、脳梗塞、がん、糖尿病などの病気にも、予防をしてくれたり、症状を改善してくれる効果があります。
また、虫歯予防になったり、O-157にも効果があると言われています。

 

植物の葉や茎、花などにある苦みや渋味の成分がポリフェノールになります。
ポリフェノールは、ほとんどの植物に含まれており、約4000種類から5000種類以上あると言われています。
新しい栄養素として、研究も進められています。

 

ポリフェノールは、アンチエイジングや病気の予防、ストレスから私たちを守ってくれる栄養素になりますが、どのように摂取すれば、より効果を発揮するのでしょうか?
ポリフェノールは、体内に入ると3〜4時間で効果がなくなるため、1日にまとめて摂るのではなく、こまめに摂ると、より効果を持続させることができます。

 

様々な植物に含まれているため、食品から摂取するのはもちろんですが、機能性飲料、美容飲料、チアブルタイプ、健康飲料などで摂取することができます。
ポリフェノールを多く含む食品として、チョコレートのカカオポリフェノール、大豆イソフラボン、コーヒーのクロロゲン酸、お茶のカテキン、玉ねぎのルチン、ブルーベリーのアントシアニンなどがあげられ、まだまだ、たくさんの成分と効果があります。
それぞれ、作用と効果が違うので、自分の気になる症状に合わせて、摂取するのがいいでしょう。

 

例えば、最近、目がかすんで気になる人は、ブルーベリーのアントシアニンを食品やサプリメントから摂取するのもいいでしょう。
実際に、私は、パソコンで目を使うことが多く、長時間作業していると、目がかすんできてしまうため、アントシアニンのサプリメントを利用しています。
とても効果があると思います。

 

また、更年期障害や女性ホルモン系が気になる方は、大豆イソフラボン、カカオポリフェノールは、血圧が高い方やや動脈硬化、ストレスが気になる方にお勧めです。
私たちの体にとても重要な役割をもたらしてくれるポリフェノール。
野菜や果物にたくさん含まれているため積極的に摂取し、足りないと感じるときは、サプリメントなどを利用して補うようにしましょう。

 

 

 

⇒複数のポリフェノールを効果的に摂取できる理研のマルチポリフェノール!まずはお試しはこちら

 

 

 

関連ページ

マルチポリフェノールが安心のワケは?理研公式ホームページからその理由を探ろう!
理研公式ホームページを見ると、マルチポリフェノールが安心できる理由がわかります。マルチポリフェノールが安心できる理由を、理研公式ホームページから詳しく探りましょう。
運動の前にもマルチポリフェノール?!意外な脂肪燃焼効果とは?
運動の前にマルチポリフェノールを飲むと脂肪燃焼効果がある?!マルチポリフェノールと運動の関係、脂肪燃焼効果について調べました。